社内のリーダー的ドライバーを養成する研修会を実施

──2011年10月9日(日)

  サントリーロジスティクス㈱埼玉支店にて

 さる10月9日(日)物流技術研究会では、サントリーロジスティクス㈱埼玉支店において、一般ドライバー向け研修会を開催しました。

 

 この研修会は、プロドライバーとして必要なトラックの特性・安全エコドライブ運転等について実践指導し、社内においてリーダー的ドライバーを養成する目的で行われたもので、会員事業所のドライバー等19名が参加しました。

 

研修は、まず2班に分かれ、1班はエコドライブ研修、もう1班は危険回避と車両感覚(オーバーハング・車庫入れ)の研修を行い、午後から交替して実施しました。

エコドライブを実践することで燃費改善効果を実感

 エコドライブ研修では、講習会場から一般道路に出て元に帰ってくる3.9キロのコースを設定し、まず受講者が日頃運転している方法で運転してもらいました。

 

 その後、UDトラックスジャパン㈱の岩崎さんが、「発進時には早めにシフトアップをする」「赤信号で止まるときには早めにアクセルオフする」など、具体的なエコドライブの方法を講習し、もう一度同じコースをエコドライブを意識しながら運転してもらい、燃料消費量などの差を測定しました。

 いちばん燃費が向上した人は、最初の通常運転では燃費がリッター2.382kmだったものが、エコドライブを実践したところ、リッター4.101 km(燃費改善率+76.2%)も伸ばしました。

 

 また、一人が運転している間は、他の人は待機することになりますが、その間の空き時間を利用して「交差点事故の危険度をチェックしよう」と「うっかり事故の危険度をチェックしよう」(シンク出版刊)の自己診断テストを行いました。このテストは、質問に「はい」「いいえ」で答えて、自分の運転のなかでどこに危険があるかを気づく形式になっており、短時間でチェックできることから大変好評でした。

危険回避体感実技でとっさの判断の難しさを実感

 危険回避体感実技では、時速30キロと40キロで走行し、前方信号の左側のランプが点けば右側に回避し、右のランプが点けば左側に回避する体験をしました。

 

 この研修では、時速30キロから40キロに、わずか10キロスピードが上がるだけで安全に回避できる余裕がなくなることを体験し、判断する事象が多い交差点などでは、スピードを落として通行することが大切であることを学ぶことができました。

 また、センサーを通過したときに信号が変わりますが、運転者には信号が変わってから脳で判断するまでに時間がかかるので、すぐには認知できません。その間も車は進行しているわけですから、実際に信号が変わった地点と運転者が認知した地点が違っています。

 このことを実際に車を降りてセンサーの反応を確認することでわかりました。日頃の運転でも、人間の認知能力には限界があることを知って、安全運転を心がける必要があることを学びました。

意外と難しいトラックの車両感覚の把握

 車両感覚体感実技では、後輪から車体後部までが長い3軸10トントラックのリアオーバーハングの大きさを実感することと、車庫入れの実技研修を行いました。

 

 まず、受講者にリアオーバーハングの大きさを予測させた後、実際にトラックの左端にロープを引き、ハンドルを右一杯に切って前進移動したときの左端後部の軌跡を測りました。その結果、ほとんどの受講者は2~3mも大きくはみ出すと予測していましたが、実際には1m20㎝程度でした。

 

 自分が運転するトラックについて、リアオーバーハングがはみ出し幅をしっかりと把握し、駐車場や道路端などから発進するときに、リアオーバーハングのはみ出しに注意したハンドル操作を心がけることを学びました。

 車庫入れの実技研修では、パレットを積み上げた4m幅の空間を作り、そこにトラックをバックで入れる研修を実施しました。インストラクターが効率的にバックできる方法を図示して説明し、実際にその通りにやってみるとスムーズに車庫入れできることを学びました。

 こうした研修は、日頃トラックの運転に慣れているドライバーでも、感覚ではわかっているつもりでも、実際にやってみたり確認すると意外に知らなかったりすることが多くあり、実践的な研修になりました。

 以上の研修が終了した後、濱野インストラクターが日常点検の模範実技を行い、最後にエコドライブの結果発表を行いました。 

 今回の研修プログラムは、Gマーク・グリ―ン経営取得の外部研修として認められており、受講終了証が贈られました。

 

 最後に、丸山会長から講評があり、宮本副会長が閉会のあいさつを行い、盛会裡に研修は終了しました。

【一般向けドライバー研修データ】

〈日時〉

2011年10月9日(日)9:00~17:00

〈場所〉

サントリーロジスティクス㈱埼玉支店

〈参加者〉

19人

【平成23年10月24日更新 取材・編集 シンク出版㈱

物流技術研究会公式サイト