第6回 大型ドライバーズ・コンテストを開催

アサヒロジ、キリン物流、タカラ物流システムの共催

 

◆技能・学科・点検実技を競いあう

 平成23年10月16日(日)、タカラ物流システム(株)・キリン物流(株)・アサヒロジ(株)の3社合同主催による「第6回 大型ドライバーズ・コンテスト」がクレフィール湖東・交通安全研究所(滋賀県東近江市平柳町)にて開催されました。

 

 このコンテストは平成18年からスタートし、3社のドライバー及び協力運送会社のドライバーを対象に、安全運転意識ならびに運転技能・点検技術などの向上を目指して毎年開催されています。

 今年度は、当物技研の会員企業であるサントリーロジスティクス(株)、サッポロ流通システム(株)、(株)バンテックの選手も趣旨に賛同して参加、物技研メンバーもスタッフとして活躍し、バラエティに富んだ大会となりました。

 

 各社の呼びかけに応じて、41社から計58名のドライバーがエントリー、色分けしたゼッケンで3班に分かれ、学科試験、点検実技、運転競技の3種目にわたり、日頃の知識と技を競い合いました。

 コンテストには、来賓として、

キリン物流(株)より

 代表取締役社長 小瀧正美氏

 取締役西日本支社長 高倉正行氏

アサヒロジ(株)より

 取締役関西支社長 苫谷一男氏

タカラ物流システム(株)より

 取締役副社長 上坂良秋氏

が参加、コースまで出て熱心に競技を観戦し、激励の言葉をかけられました。

◆学科・点検・実技の3部門で競いあう

◯意外に難しかった学科試験

 学科試験は、40分かけて50問(クレフィール湖東が提供)にチャレンジしました。プロドライバーですから楽々クリア?と思いましたが、意外に難しい問題もあり、平均点は100点満点で62.97点、最高点は82点でした。

 

◯点検は正確さとスピードをチェック

 点検には、正確さとともに業務のなかでスピーディーに点検できる能力をみるため、制限時間が設けられ、リズムよく点検できるかどうか、日頃の実践ぶりが問われました。

 最高点は98点で、素晴らしい点検ぶりを見せたドライバーがいました。

◯後部の接触ミスが目立った運転実技

 運転実技では障害物が仕込まれた外周走行と、コース内で狭路通過、パイロンスラローム、バック、プラットホーム付けなど行い、安全運転ぶりを含めてインストラクターが採点しました。

 狭い場所での切り回しで、リアオーバーハングを十分に把握していないとパイロンポールに接触するコース設定のため、ポールを倒す車が少なくありません。

 運転実技の最高点は87点で、90点台の選手はいませんでしたが、皆さんは真剣に取りくみ、力が入る競技でした。

◆競技終了後には、車両感覚の講習も実施

 このコンテストは、競技もさることながら、参加するドライバーへの教育が目的であることに大きな特徴があり、机上の指導や社内指導だけでは身につかない様々な事故防止の知識を身に付けるチャンスとなっています。

 

 今回も、競技修了後に、丸山利明・物技研会長とドライバーにより、実務に役立つリアオーバーハング・安全なバックの実演などがありました。

 

 プロドライバーといっても、オーバーハングの実測などを体験したことのない人も多く、参加した皆さんは、目を輝かせて実演を見守っていました。

◆大阪内外液輸の篠原さんが優勝!

 コンテスト終了後にデータ集計が行なわれ、その結果、最高得点者の篠原寛さん(大阪内外液輸㈱)が優勝しました。

 主催者側から、上位入賞者10名に賞状ならびに賞品、副賞が渡されました。

 その他の上位入賞者は下の別表を参照してください。

【第6回大型ドライバーズ・コンテストデータ】

〈日時〉

2011年10月16日(日)9:00~17:00

〈場所〉

クレフィール湖東・交通安全研修所

〈参加者〉

ドライバー 58人(見学者、スタッフ等 総勢約220名)

 

【平成23年11月1日更新 取材・編集 シンク出版㈱

 

◆ドラコン、フォトギャラリー(クリックすると拡大します)

物流技術研究会公式サイト