大阪府トラック協会南大阪支部のドライバー研修を実施

──2012年3月18日(日)

  於:サントリーロジスティクス㈱南大阪支店

 物流技術研究会では、さる3月18日(日)、堺市西区にあるサントリーロジスティクス㈱南大阪支店において、大阪府トラック協会南大阪支部のドライバー研修を開催しました。

 

 大阪府トラック協会南大阪支部では、会員事業所に対する安全教育事業の一環として、これまでクレフィール湖東(滋賀県)でドライバー研修を実施してきましたが、今回初めて物技研仕様のドライバー研修を実施したものです。

 

 今回の研修は、クレフィール湖東まで行くことに比べて職場に近い場所で実施されるというメリットもあり、受講希望者も多く定員24名がすぐに一杯になるほどでした。実際に受講者の反応も実技中心の研修でわかりやすいと好評でした。

 昨年11月には、大阪府トラック協会河北支部や京都府トラック協会伏見支部でも物技研の研修を実施しており、物技研仕様のドライバー研修が広まりつつあります。

一人でできる日常点検の方法を学ぶ

 研修では、2班に分かれ、1班は日常点検研修、もう1班は車両感覚(リアオーバーハング・狭路バック)とシートベルトの着用・非着用体験研修などを行い、その後交代してすべての研修を受けました。

 

 日常点検では、インストラクターが手本となる点検を見せた後、一人ひとりに実際に点検を実施してもらい、インストラクターが点検のポイントを解説しました。

 

 その後、ナットの緩み、空気圧不足、ブレーキランプ切れなどが仕込んであるトラックを用意し、受講者が実際に点検して不具合を見つけられるかどうかのチェックを行いました。受講者は、何とか不具合箇所を見つけようとして、真剣に日常点検に取り組んでいました。

リアオーバーハングの大きさを実感

 車両感覚実技では、後輪から車体後部までが長いトラックのリアオーバーハングの大きさを実感する実技研修を行いました。

 

 まず、受講者に自分が想像しているリアオーバーハングがどれくらいかを聞いた後、大型トラックのハンドルを右一杯に切って前進移動したときの左端後部の軌跡を測りました。

 

 ほとんど人は、大きく左にはみ出すと予測していましたが、いちばん大きくはみ出した所で1m10㎝程度と、予測したほどはみ出していませんでした。このことから、左側との間隔が1.5m程度あれば、思い切ってハンドルを切っても大丈夫だということを、実感として掴んでおくことが大切であると強調しました。

次に、ハンドルを一杯に切らず1回転ほど回したときの軌跡を測り、外にはみ出す量も少ないことを確認しました。このことから、あまりハンドルを切らずに済む場面では、一杯にハンドルを切らないようにすれば事故防止につながることを強調しました。

 

 また、今回の研修では、トレーラのリアオーバーハングも体験しました。トレーラは通常のトラックと違った軌跡を描き、参加者も驚いた様子で眺めていました。

 シートベルト着用体験では、後席に受講者を乗せて時速10キロ程度で走行して急ブレーキを踏み、シートベルトを着用しているときと、着用していないときの衝撃の違いを体験しました。シートベルトを着用していないと、わずか10キロ程度でも前のめりになり、シートベルトの必要性を実感していました。

狭い場所に安全で確実にバックで入れる方法を学ぶ

 狭路バックの実技研修では、パイロンなどで狭い空間を作り、そこにトラックをいかに効率よく、安全にバックで入れるかの研修を実施しました。

 

 日頃トラックの運転に慣れているドライバーでも、感覚ではわかっていますが実際にやってみると勘に頼っていることがあります。狭路バックの研修では、こういう方法でバックすれば、誰でも簡単に狭路に入れることができるということを、理論立てて学びました。

また、ゴーカート研修では、パイロンスラロームで1回目はできるだけ急いで走行してタイムを計り、2回目はパイロンに接触しないように、できるだけ安全運転に徹した走行してタイムを計りました。

 

急いでパイロンを蹴散らして走行しても、できるだけ安全運転に徹した走行しても、時間はあまり変わらないということを実感し、急いでいるときこそ落ち着いて運転する必要があることを学びました。

トラブル発生時の対処方法も好評

 実技研修が終わった後、丸山会長(タカラ物流システム㈱)が、「高速道路でバーストなど車両トラブルが発生して路肩に停止した場合にどうするか」など、実際に発生した事故やトラブル事例などを挙げながら、「近くに非常電話がなければ無理をして非常電話を探すよりも110番に通報するほうが安全」などプロドライバーとしての対処方法を解説しました。

【大阪府トラック協会南大阪支部ドライバー研修データ】

<日時>

2012年3月18日(日)

<場所>

サントリーロジスティクス㈱南大阪支店

<参加者>

15社、24名

【平成24年4月10日更新 取材・編集 シンク出版㈱

物流技術研究会公式サイト