配車・運行安全担当者研修会(東日本地区)2

◆協力会社に対する運行指示のポイント

町田慶太氏
町田慶太氏

──事故事例をもとに真の事故原因と再発防止策をグループで話し合う
 続いて実際に起こった事故事例をもとに、グループで事故原因と対策を話し合う事故事例研究が行われました。

 まず、物流技術研究会副会長の町田慶太氏(サントリーロジスティクス㈱)より、自動車専用道路で発生したトラックの追突事故事例が発表されました。

 事故の概要とともに、事故を起こした2次下請けのドライバーからのヒアリングや、就労状況とデジタコのデータ、また1次下請けの協力会社から提出された事故対策書などが紹介されました。

 参加者は4グループに分かれ、2次下請けの協力会社の運行状況に問題点はないのか、1次下請けの協力会社から提出された事故対策書に問題はないのか等について話し合いました。


 グループでは、「1次下請け会社から提出された事故対策書には、事故は、前方不注視が原因で、対策として危険予知訓練を指導するとしているが、これは真の事故原因を掴んでおらず、再発防止に結びつかない」「タコグラフを見るとかなり速度にムラがあるので、ドライバーは居眠りをしていたのではないか」など、活発な議論を行っていました。

 

 話合いと発表などの内容については、西日本地区の記事も参照してください。

◆参加者の好評を博す

 西日本地区で実施した配車・安全管理者研修会と同様に、東日本地区も大変好評を博して終了しました。
 講習終了後に回収したアンケート結果(下枠内)でも、ほとんどの参加者が大変役に立ったという感想を残してくれました。
 研修アンケートの意見・感想については西日本の結果も参照してください。

【研修アンケートの意見・感想】
●とてもよい勉強になりました。この事を今後に生かしたい。
 全体的に時間がたつのが早かったです
●想像していたよりも気軽な研修で、それでいてより現場に近い内容だと思いました。
●これからは、協力会社の営業収入も考えて配車します。
●事故の原因、対策等についてのディスカッションが良かった。
●コンプライスの重要性、及び配車担当者としての心構えなどが役に立ちました。
●運行管理が大切な事だと実感しました。
●他社の担当者と色々な面で情報交換ができたことが良かった。
●協力会社に対する運行指示のポイントが有意義だった。

◆懇親会で親睦を深める

 研修メニュー終了後には、恒例になっている懇親会が開かれました。
 配車担当者は、普段は電話で話をしていても顔を合わすことが滅多にないので、この懇親会は配車担当者同士の格好の交流の場となりました。お酒がすすむにつれて、参加者同士が名刺交換をしたり、情報交換を行って親睦を深めました。

 アンケート結果を見ても、殆どの人が「同業他社の人と話ができて良かった」と答えていました。

【配車・運行安全担当者研修会(東日本地区)データ】

<日時>

 2012年4月14日(土)

<場所>

 アサヒロジ㈱

<参加者>

 9社22名

 

【平成24年5月8日更新 取材・編集 シンク出版㈱

物流技術研究会公式サイト