第10回 大型ドライバーズ・コンテストを開催

アサヒロジ、キリングループロジスティクス、タカラ物流システム共催

◆技能・学科・点検の能力

 を競いあう

 平成27年10月18日(日)「第10回 大型ドライバーズ・コンテスト」がクレフィール湖東・交通安全研究所(滋賀県東近江市平柳町)にて開催されました。

 

 このコンテストは、タカラ物流システム(株)・キリングループロジスティクス(株)・アサヒロジ(株)の3社合同主催によるもので、平成18年からスタートしました。

 3社のドライバー及び協力運送会社のドライバーを対象に、安全運転意識ならびに運転技能・点検技術などの向上を目指して毎年開催されています。


 今年度は10年目を迎え、幹事会社を務めたアサヒロジ株式会社の代表取締役・丸山高見社長の開会挨拶から大会がスタートしました。

 

丸山社長 この大会も「10回目」という節目を迎え、私としては着任して3回目の大会参加となりますが、年々レベルが向上しているように感じます。

 運転実技や知識の総合力が試され、ドライバーとして正に「文武両道」が試されていると言えます。

 物流業界の将来を考えると、厳しい状況が続きますが、我々にとって一番大切なことは、安全で安心して働ける職場環境づくりです。そのような意味で、本日は大変に有意義です。

 一日を通じて、安全運転に対する知識を高め、安全輸送の「匠」となって、これからの業界を牽引していって欲しいと思います。

◆選手宣誓

 選手宣誓は、エービーカーゴ西日本(株)の 軸屋 貴裕氏が務めました。

 

軸屋氏 「数ある物流会社のなかで、トップを取れるよう経験と知識を発揮したいと思います」 

 

 

◆全国大会に羽ばたいてほしい

 2014年全国ドライバーコンテストで、内閣総理大臣賞を獲得されている、株式会社バンテック安全・LE本部安全推進部安全指導センターの四手井康時氏からも参加者に熱いエールが送られました。

 

四手井氏 バンテック社でもこの大会を礎にドラコンの都道府県別大会、全国大会へと羽ばたいたドライバーが多数います。

 皆さんも、持てる力を存分に出しきっていただきたいと思います。


◆コンテストと研修会を融合させる試み

 このあと、学科試験、点検実技、運転競技の3種目にわたり、日頃の知識と技を競い合いました。

 今年度はコンテストと研修会を融合させた開催としました。


 バック事故防止研修では、物流技術研究会インストラクターに担当をお願いしました。写真は、エービーカーゴ西日本(株)・古谷俊之氏と、ティービー(株)・野村康志氏です。

 

 両氏の他にエービーカーゴ西日本(株)・森井満夫氏、ティービー(株)・ 澤井和樹氏にも研修講師を担当頂きました。

 

※上の写真で、運転席にいる野村氏がズボンの裾を上げているのは、受講者にペダル位置が確認できるように配慮したものです。



岡山スイキョウの水川さんが優勝!

 コンテスト終了後にデータ集計が行なわれました。上位の結果は以下のとおりです。

 

優勝/最高得点者

 水川厚さん(41歳/岡山スイキョウ)

準優勝

 大古田誉弘さん(48歳/岡山スイキョウ)

3位

 難波将友さん(29歳/エービーカーゴ西日本

 

 このほか、7名の方が入賞されました。

 閉会の挨拶は、キリングループロジスティクス(株)の加藤元代表取締役が行いました。


■ドライバーズ・コンテストの内容を動画でごらんいただけます。

  撮影(ビデオカメラ・ドローン)および編集:玉島政和氏(物流技術研究会) 

【第10回大型ドライバーズ・コンテストデータ】

〈日時〉

平成27年10月18日(日)9:00~17:00

〈場所〉

クレフィール湖東・交通安全研修所

〈参加者〉

ドライバー 55名(見学者、応援、スタッフ等 総勢約200名)

 

【平成27年11月20日更新 取材・編集 シンク出版㈱

 

◆ドラコン、フォトギャラリー(クリックすると拡大します)

物流技術研究会公式サイト